ここから本文です

ダルビッシュ、カブスと6年約137億円で合意と報道 米複数メディア伝える

2/11(日) 7:37配信

サンケイスポーツ

 米大リーグ、ドジャースからフリーエージェント(FA)になっていたダルビッシュ有投手(31)がナ・リーグ中地区のカブスと6年契約で合意したと10日(日本時間11日未明)、大リーグ公式サイトなど複数の米メディアが報じた。身体検査の結果を待っている状況で、カ軍は公式発表していない。

 有料会員制のスポーツサイト「ザ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者によると、契約金は6年総額1億2600万ドル(約137億円)。出来高を含めると1億5000万ドル(約163億円)に達するという。

 ダルビッシュは昨年12月、カブスのセオ・エプスタイン編成本部長ら球団幹部と自宅のあるダラスで話し合い、自身のツイッターで「いいミーティングになった」と前向きにコメントしていた。

◆シカゴ・カブス

 1876年のナ・リーグ創設時から参加し、1903年から現名称。07年からワールドシリーズを2連覇。2016年はナ・リーグ中地区優勝を果たし、108年ぶりの世界一に輝いた。昨季は地区優勝したがドジャースに敗れ、Wシリーズ連覇を逃した。81年のシーズン途中までガムで有名なリグリー一族がオーナーを務め、本拠地のリグリー・フィールドにその名が残る。日本選手は過去に福留、藤川、和田、川崎、上原らが在籍。