ここから本文です

【前走後の談話】月曜東京11R・クイーンC

2/11(日) 22:25配信

サンケイスポーツ

 ◇アトムアストレア「(気性が)素直ですごく前向き。3番手でスムーズに運べたし、追ってからもしっかり走ってくれた」(北村宏騎手)

 ◇アルーシャ「2度目の競馬だったこともあって道中はエキサイトしてしまうところがあったが、なだめて息を入れて走らせることができた。長くいい脚を使ってくれたし、現状ではマイルの距離がいい」(ルメール騎手)

 ◇オハナ「初戦と場所が変わったので少しソワソワしていたが、ゲートは落ち着いて出てくれた。3、4コーナーまでに外めへ出したかったけど、思った通りのコース取りができた。極端なスローだった初戦とは違い、それなりのペースについていきながらしっかり脚を使えたことは評価できると思う」(石橋脩騎手)

 ◇キャッチミーアップ「ちょっと仕掛け遅れるような形になってしまって…。申し訳ない競馬になってしまった」(川田将騎手)

 ◇ソシアルクラブ「伸びそうな雰囲気はあったが…。これから体が整ってくれば、脚を使えるようになると思う。距離はもう少しある方がよさそう」(福永祐騎手)

 ◇ツヅミモン「調教の動きが良く、手応えを持って臨んだ。二の脚が速く、楽に前へ行けた。ただ、勝ち馬が強すぎた」(秋山真騎手)

 ◇テトラドラクマ「1コーナーで接触し、ペースが落ち着いたところでまくられる形に。2度のロスでリズムを崩してしまった。きつい競馬になったぶん、最後はジリジリになってしまった」(石橋脩騎手)

 ◇ナラトゥリス「道中は前の馬がやりあっている中でスムーズに折り合えた。スローになったぶん届かなかったけど、いい脚は使ってくれたし、これからの馬だと思う」(菱田裕騎手)

 ◇ハトホル「道中は内でじっとして、直線で外に出すといい反応を見せてくれた。いいものがある」(吉田隼騎手)

 ◇フィニフティ「完勝だった。ゲートを出てから促すと、すぐにいい位置を取れたし、追ってからもしっかり伸びてくれた。競馬が上手なので、今日の感じからすると距離が延びても問題ないだろう」(福永祐騎手)

 ◇マウレア「上手に走ってくれた。狭いところへも入っていけたが…。まだまだ成長しそうなので、今後が楽しみになった」(戸崎圭騎手)

 ◇マルターズルーメン「テンションが上がることを心配していたけど、逆に落ち着いていた。いい方に出ていた。それでスタートも出てくれたし、競馬も上手だった。集中していた」(柴田善騎手)

 ◇モデレイト「道中の折り合いはバッチリだったし、直線もしっかり伸びてくれたが、今日は勝ち馬が強かった」(菱田裕騎手)

 ◇ライレローズ「スタートは互角に出ているけど、その後に行き脚がつきなかった。位置を取りには行ってるけど…。最後は馬群をさばきながら伸びてくれただけに、前半の位置取りの差が出た」(北村宏騎手)

 ◇レッドベルローズ「まだ体が緩いし、テンションも高いなかでこれだけ走るんだから素質が高い」(蛯名正騎手)

 ◇ロフティフレーズ「気性は新馬向き。何とか折り合いはついたけど、返し馬ができないくらいだった。でも、最後はいい脚を使ってくれた」(内田博騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ