ここから本文です

音茶楽、人気のイヤホンFlat4-櫻Plus」4.4mm5極版を限定100台発売

2/11(日) 11:33配信

Stereo Sound ONLINE

2/10のポタ研で先行発売決定

 イヤホンブランド音茶楽Sound Customize(以下、音茶楽)から、4.4mm5極(バランス)対応のイヤホン「Flat4-櫻Balance」、「Flat4-緋櫻Balance」が3月2日より発売される。販売数は、2モデル合計で限定100台となる。価格はオープンで、想定市場価格はともに8万5000円前後だ。

【画像】「Flat4-緋櫻Balance」も8.5万円

 Flat4-櫻Balance、およびFlat4-緋櫻Balanceは、櫻の無垢材から削り出したハウジング(木製、さらに漆塗加工を施す)を持ったイヤホンで、人気モデル「Flat4-櫻Plus」、および「Flat4-緋櫻Plus」をベースに、プレーヤー側のプラグを4.4mm5極(バランス)仕様としたモデル。

 4.4mmプラグは日本ディックス社製「Pentaconn」(ペンタコン)で、金属部分には無酸素銅を採用したプレミアムタイプとなっている。

 また、Flat4-櫻Plus/Flat4-緋櫻Plusと同様に、イヤホンを耳に装着した際に生じるとされる6kHz付近の共振を抑える位相補正チューブも継承しており、装着性と同時に不要な共振を抑制する構造を採用している。

 なお、Flat4-櫻BalanceとFlat4-緋櫻Balanceの違いは位相補正チューブの長さで、Flat4-櫻は28mmの標準仕様、Flat4-緋櫻は30mmのロング仕様となる。

 搭載するドライバーは10mm径のダイナミック型で、再生周波数帯域は35Hz~45kHz。インピーダンスは18Ωだ。ケーブル長は1.2m。

 販売は3月2日からだが、2月10日に中野サンプラザで開催される「ポタ研2018冬」の音茶楽ブースで、少数が先行発売される予定だ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:2/13(火) 18:32
Stereo Sound ONLINE