ここから本文です

バレンタインにこそ観たい! LOVEムードを盛り上げる名作映画5選

2/11(日) 22:00配信

ELLEgirl

2018年2月14日(水)、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。連休は、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!

【写真】今年のバレンタインはインスタ映えするスウィートチョコレートで勝負!

『ローマの休日』(1953)

言わずと知れたロマンスムービーの金字塔。オードリー・ヘプバーン演じるアン王女と、グレゴリー・ペック演じる新聞記者ジョーの、王女と民間人の恋の行方を見守って。ローマ中を観光しているような気分になれる点も◎。

『ダーティ・ダンシング』(1987)

1963年を舞台にした大ヒット映画。家族とともにリゾート地にやってきた17歳の少女フランシス(ジェニファー・グレイ)が、ダンスインストラクターのジョニー(パトリック・スウェイジ)と恋に落ちる。ダンスシーンは鳥肌モノ!

『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990)

暴漢に襲われ命を落としたサム(パトリック・スウェイジ)は、自らの死が陰謀だったと知り、ゴーストとなって恋人モリー(デミ・ムーア)の前に現れるが、彼女には気づいてもらえず……。世界が涙した、サスペンスタッチの傑作ラブロマンス。もしやあなたも、この作品で陶芸を始めたくなった派?

『ラブ・アクチュアリー』(2003)

内気なOL、秘書に恋してしまった英国首相、恋人に裏切られた作家などが、クリスマス目前のロンドンで織りなす、笑って泣ける恋愛群像劇。ヒュー・グラントやキーラ・ナイトレイ、コリン・ファースらイギリスを代表する総勢19人もの豪華キャストの名演に、誰もがほっこりさせられるはず。続編も待ちきれない!

『バレンタインデー』(2010)

舞台はLA。バレンタインデーを巡ってさまざまな男女の恋模様が交錯するさまを、『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督が巧みに描いたヒット作。キャシー・ベイツやジュリア・ロバーツなどベテランに加え、アン・ハサウェイやブラッドリー・クーパー、テイラー・スウィフトら豪華キャストが勢揃い。

最終更新:2/11(日) 22:00
ELLEgirl