ここから本文です

バルサが国王杯決勝の日付変更を要請

2/11(日) 16:11配信

SPORT.es

FCバルセロナがコパ・デル・レイ決勝の日付変更を望んでいると、カタルーニャ地方紙『El Periodico de Catalunya』が報じている。

【元アイルランド代表のミラー、36歳の若さで死去】

理由は、コパ決勝直後の4月23日と24日に、チャンピオンズリーグの準決勝が開催される可能性がある為だ。

4月21日にコパ優勝を競いセビージャと戦ったわずか数日後に、CL準決勝に出場しなければならないシチュエーションをバルサは恐れている。

おまけにコパ決勝の前には強敵バレンシア(4月15日)や、対セルタデビーゴ戦(4月18日)との戦いが待っている。

また、もしリーガ第33節の日付が変更された場合、バルサは対ビジャレアル戦のわずか3日後に、カンプノウでレアル・マドリードとのクラシコを戦うことになる。

FCバルセロナは12日月曜日に、スペインサッカー協会に開催日の変更の要望を提出することを検討している。

同情報筋によれば、バルサはコパ決勝の開催地がアトレティコのホームスタジアムのワンダ・メトロポリターノとなるに関して、同意を示している。

本来ならマドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウが使用されるべきであるが、マドリー側はホームスタジアムの貸し出しを拒絶しているからである。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2/11(日) 16:11
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報