ここから本文です

<高校ラグビー>深谷、14年ぶり4強入り 佐野日大に28-12 初の決勝へ、17日流経大柏戦

2/11(日) 23:14配信

埼玉新聞

 (第2日、11日・熊谷ラグビー場)

 準々決勝を行い、深谷が佐野日大(栃木)を28―12で下し、14年ぶりの4強入りを果たした。深谷が全国高校選抜大会(3月30日~4月8日・熊谷ラグビー場)の関東6代表枠に入ったため、昌平は開催県枠での初出場が決まった。

 深谷は前半6分にナンバー8脇野のトライで先制し、7―5の同26分にフッカー森が中央で押さえた。14―12で迎えた後半は、23分にCTB間瀬が右サイドをランで突破してトライを決め、終了間際にはナンバー8脇野が自身2本目のトライを奪った。

 深谷は第3日の17日、初の決勝進出を懸けて流通経大柏(千葉)と対戦する(13時・熊谷ラグビー場Bグラウンド)。

 風下の後半にトライ2本を追加した深谷が佐野日大を退けた。

 深谷は前半6分、相手のノックオンを拾ったロック田島からCTB間瀬へとつないでゲインし、連続プレーからナンバー8脇野が先制トライ。1本返された後、26分にフッカー森が密集で押さえた。前半終了間際に再び追い上げられたが、後半23分にCTB間瀬がランで1本奪い、29分にナンバー8脇野がとどめのトライを決めた。

最終更新:2/12(月) 0:17
埼玉新聞