ここから本文です

テッド・ポッターJrが完勝で6季ぶりV

2/12(月) 8:53配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇AT&Tペブルビーチプロアマ 最終日(11日)◇ペブルビーチGL(カリフォルニア州)◇6816yd(パー72)

【写真】宮里優作も思わずガックリ

真っ赤なシャツに身を包んだテッド・ポッターJrが、首位タイから出た最終日に3アンダー「69」で通算17アンダーとして、2位に3打差をつける完勝。2012年の「ザ・グリーンブライヤークラシック」以来、6シーズンぶりのツアー2勝目を飾った。

快晴無風の早朝から、雲行きが怪しくなり、冷たい風が強く吹き始めた午後になっても、ポッターJrのゴルフは危なげなかった。スタートホールの1番こそボギーとしたが、それ以降は4バーディを奪ってボギーはなし。3打差をつけて迎えた最終18番(パー5)は3Wで確実にフェアウェイ右サイドに置き、レイアップ後の3打目をピンに絡めて、最後はタップインパーで勝利を決めた。

通算14アンダーの2位には、2週連続2位となるチェズ・リービーと、フィル・ミケルソン、ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ダスティン・ジョンソンの4選手。通算13アンダーの6位に、ケビン・ストリールマンが続いた。

ディフェンディングチャンピオンのジョーダン・スピースは通算8アンダーの20位タイ。5位から出た50歳のスティーブ・ストリッカーは、最終日は4オーバー「76」とスコアを崩し、通算7アンダーの26位で4日間の戦いを終えた。