ここから本文です

松山英樹は43位に後退 DJが3位に浮上【FedExカップポイントランキング】

2/12(月) 12:34配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<FedExカップポイントランキング>

アリゾナ州のTPCスコッツデールにて開催された、米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」終了時点でのFedExカップポイントランキングが発表された。

世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】

同大会で今季初勝利を挙げたテッド・ポッターJr.(米国)が、117位から15位と大きくランクアップ。また、同大会で2位タイに入った世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)が7位から3位へと順位を上げた。

獲得1,247ptでランキングトップに立っているのは、17-18シーズン2勝のパットン・キザー(米国)。936ptの2位には、世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)が続いている。

松山英樹は、41位から43位に後退。すでに今週の「ジェネシス・オープン」欠場を発表しており、来週はかなり順位を下げる可能性が高い。


【FedExカップポイントランキング】
1位:パットン・キジーア(1,247pt)
2位:ジョン・ラーム(936pt)
3位:ダスティン・ジョンソン(902pt)
4位:ジェイソン・デイ(814pt)
5位:ブレンダン・スティール(812pt)
6位:チェズ・リアビ(789pt)
7位:パット・ペレス(778pt)
8位:ゲーリー・ウッドランド(750pt)
9位:オースティン・クック(721pt)
10位:ジャスティン・トーマス(688pt)

43位:松山英樹(282pt)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>