ここから本文です

起伏越え550人力走 三島クロスカントリーリレー大会

2/12(月) 13:17配信

伊豆新聞

 三島市陸上競技協会は11日、第15回三島クロスカントリーリレー大会(本紙など後援)を三島市の日本大国際関係学部御園グラウンドで開いた。市内外の小学生から一般まで約550人が出場して力走した。

 大会はグラウンドに設置された起伏を野山に見立てて周回する5区間11・9キロのリレーと2・3キロの個人戦。15回の節目を記念して最優秀選手賞を新設した。

 開会式で同協会の山本武久会長は「日頃の成果を発揮して金メダルを目指して頑張ってほしい」とあいさつ。三島陸上ジュニアクラブの斎藤香乃さん(三島・東小6年)が選手宣誓した。リレー選手は仲間や保護者らの声援を受けながらたすきをつないでゴールを目指した。

 会場では中島八坂太鼓保存会が勇壮な演奏を披露して大会を盛り上げた。甘酒も振る舞われ、走り終えた選手の疲れを癒やした。

 【写説】たすきを掛けクロスカントリーコースを力走する中学生=三島市の日本大国際関係学部御園グラウンド

最終更新:2/12(月) 13:17
伊豆新聞