ここから本文です

テトラドラクマが押し切りV! 田辺騎手はバースデーに重賞制覇/クイーンC

2/12(月) 15:50配信

netkeiba.com

 12日、東京競馬場で行われたクイーンC(3歳・牝・GIII・芝1600m)は、スタートを決めて差のない2番手につけた田辺裕信騎手騎乗の3番人気テトラドラクマ(牝3、美浦・小西一男厩舎)が、4コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、中団後方から追い上げてきた5番人気フィニフティ(牝3、栗東・藤原英昭厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒7(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に7番人気アルーシャ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った。なお、1番人気マウレア(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)は5着、2番人気ツヅミモン(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)は12着に終わった。

 勝ったテトラドラクマは、父ルーラーシップ、母リビングプルーフ、その父ファルブラヴという血統。前走のフェアリーSでは1番人気に支持されるも6着に終わったが、ここで巻き返して初めての重賞制覇を果たした。また、鞍上の田辺裕信騎手にとっては、34歳のバースデーを飾る重賞Vとなった。

【勝ち馬プロフィール】
◆テトラドラクマ(牝3)
騎手:田辺裕信
厩舎:美浦・小西一男
父:ルーラーシップ
母:リビングプルーフ
母父:ファルブラヴ
馬主:吉田勝己
生産者:ノーザンファーム
通算成績:5戦2勝(重賞1勝)

最終更新:2/12(月) 16:13
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ