ここから本文です

雪が3連休を直撃 高騰野菜さらに打撃 交通が混乱し死亡事故も 落雷直後に停電 福岡県

2/12(月) 19:30配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

(最終更新:2/13 午前10時半)

強烈な寒波が連休の福岡を直撃です。

県内各地で11日夜から雪が降り積もり、各交通機関が混乱、農作物にも影響が出ています。

13日にかけても大雪のおそれがあり、警戒が必要です。

◆北九州市◆
一面真っ白の道路を、傘をさして慎重に歩く人たち。

3連休の2日目が終わったばかり、12日午前0時ごろの北九州市です。

街の人たちはー。

【車を運転してきた人】
「福岡市から来ました。人を送ってたら帰れなくなった、と思って。ホテルの予約が取れたので、今からホテルに行きます」

◆福岡市・天神◆
一方、観光客などで夜中もにぎわいを見せていた福岡市中央区では、4時間ほどで3センチの雪が積もりました。

気象台によりますと、3センチ以上の積雪は5年ぶりです。

【福岡市・天神にいたサラリーマン】
「九州でこんなに雪が降るのという感じ。タクシーが捕まらないので、歩いて西新まで帰ろうと思います」

11日午後11時40分すぎ、天神の屋台の上に一つの稲光が。

そして街から明かりが消えました。

こちらは福岡市にある西鉄大牟田線・福岡駅のホームです。

停電でホームは真っ暗に。

九州電力によりますと、福岡市内ではおよそ約9万8千戸で1分間停電しました。

落雷の影響とみられています。

◆福岡市内の公園◆
一夜明け、12日朝、福岡市の公園では子供たちが雪遊びをしていました。

2つの大きな雪のかたまりを前に立ちつくす女子中学生たち。

どうしたんでしょうか?

【女子中学生2人】
「雪だるまの頭を乗っけようとしてるんですよね・・・」

頭の部分を大きく作り過ぎて、胴体に乗せられなくなってしまったようです。

◆福岡市・天神のバスターミナル◆
一方、福岡市天神のバスターミナルには、別の意味で立ちつくす人たちの姿がありました。

【旅行で愛媛県から福岡市に来た人】
「きょう朝、愛媛から来て、きょうの帰り、夜行で愛媛まで帰るんですけど。(帰りは)バスじゃなくてフェリーにするかどうするかって感じです」

雪の影響で、福岡県内の九州道のほか、福岡と北九州の都市高速道路の全線が一時通行止めに。

このため、福岡と九州各地を結ぶ高速バスは運行を見合わせました。

◆福岡・みやま市◆
さらに交通死亡事故も起きました。

【記者リポート】
「みやま市の事故現場です。事故当時は、この車道にも5センチ程度の雪が積もっていたということです」

みやま市の国道では、12日朝早く、原付バイクを運転していた新聞配達員の男性が、15トラックにはねられ、死亡しました。

警察は、原付バイクが道路上の雪でスリップしたことが原因とみて調べています。

◆北九州市の畑◆
【記者リポート】
「こちら、カブが植えられた畑なんですが、雪で覆われて何も見えません。この大雪が農家に影響を与えています」

【藤堂孝雄さん】
(Q.この畝(うね)、すべてにカブですか?)
「1000本くらい」

こちらは藤堂孝雄さん。

北九州市小倉南区の山間部で、40年以上カブや春菊を栽培していますが、今回の寒波に頭を悩ませていました。

【藤堂孝雄さん】
「収穫がこの(雪の)状態で中々できない。自然相手ですからね…」

また、ハウスで育てる春菊にも影響が。

【藤堂孝雄さん】
「低温と日照不足ですね。普段の倍くらい生育(期間)がかかる」

寒さで温まりきれないハウスの影響で、春菊の一部が凍るなどの被害が出ていて、出荷量は例年の半分ほどだと言います。

【藤堂孝雄さん】
「(春菊ひと束持って)これで300円くらい。高値で」
(Q.普段は?)
「100円から150円。消費者も大変と思うんですが、農家ももっと大変。今、旬の時期なので、自分達もできるだけ美味しい野菜を作っている」

気象台によりますと、13日午後6時までに降る雪の量は、いずれも県内の多いところで、標高200メートルを超える山間部で10センチ、平野部で5センチと予想されています。

気象台は、積雪や路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。

テレビ西日本

最終更新:2/13(火) 10:31
TNCテレビ西日本