ここから本文です

五輪=フィギュア団体、男子フリーの田中ミス連発で最下位

2/12(月) 12:04配信

ロイター

[12日 ロイター] - 平昌冬季五輪は12日、フィギュアスケート団体の男子フリーを行い、田中刑事は148.36点で最下位の5位だった。

田中は冒頭で2回チャレンジした4回転サルコーがともに2回転となってしまい、後半の4回転トーループでは転倒と4回転ジャンプをすべて失敗。テレビ局のインタビューで「緊張感よりもジャンプの立て直しができなかったのが悔しい。自分のやることを考えていたので、緊張感での失敗ではない」と振り返った。

トップは179.75点をマークしたカナダのパトリック・チャン。2位は個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場しているミハイル・コリャダで173.57点、3位は172.98点のアダム・リッポン(米国)だった。

この結果、日本は女子フリー、アイスダンスの2種目を残して5位となっている。

最終更新:2/12(月) 12:04
ロイター