ここから本文です

投稿されるInstagram写真はみんな同じ? “インスタ映え”写真を集めてスライドショーにした動画が同じ写真の連続に

2/12(月) 10:15配信

ねとらぼ

 毎日Instagramにはさまざまな“インスタ映え”の写真が投稿されていますが、そんなたくさんの写真がどれも同じようなものばかりだと証明する動画がVimeoで公開されています。

ピサの斜塔前でよく見る図

 投稿した映像作家のOliver KMIA氏は、ハッシュタグから同じ場所や同じような構図で撮られた写真をピックアップし、メインとなる被写体を同じ位置になるように調整したスライドショー動画を制作。すると、いろいろな観光スポットでだいたい同じ写真が撮られているのがより分かる結果に。

 旅行というテーマの中で、まずはパスポートの写真から始まり、次に窓から見える飛行機の翼などさっそくあるあるな写真が続きます。そして観光地では、なにかお手本があるかのようにみんな同じ写真を撮っていて、「ピサの斜塔」ならそれを手で支えているようなポーズだったり、アイスのコーンを持って撮ったりと、見事に人が入れ替わっただけのような写真が連続で登場します。

 他にも同じ標識を指さしたり、大勢がスマホを構える中で「モナリザ」の絵を撮ったり、車のサイドミラー越しに自撮りしたり。特にロシア人フォトグラファーが投稿して流行した、手を引く写真「Follow Me To」のタグを使った写真も大量に出てきます。

 海外に旅行したり、有名な観光スポットに行ったら間違いなく撮りたくなるこれらの写真。Oliver KMIA氏は、多くの人々がスマートフォンに夢中で本当にその瞬間を楽しんでいなかったと自身の旅行中に感じたそうで、まるでそれをオンラインで自慢し、好きな人やフォロワーたちの後に続くことが究極の目標になっているようにみえるとしています。

 ただし同時に、今回の制作を通してたくさんの素晴らしい写真を投稿しているアカウントも発見できたとして、結局SNSは道具にすぎず、良いか悪いかは使い方によると意見をまとめています。

最終更新:2/12(月) 10:15
ねとらぼ