ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【Krush】ゴンナパーが強烈ヒザ蹴りKO勝ち、王座挑戦権を獲得

2/12(月) 23:33配信

イーファイト

「Krush.85」(2月12日 東京・後楽園ホール)

▼第7試合 セミファイナル Krush -63kg次期挑戦者決定戦 3分3R延長1R
○ゴンナパー・ウィラサクレック(25=タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/WPMF世界スーパーライト級王者)
KO 2R 2分21秒 ※左飛びヒザ蹴り
●石田勝希(25=RKS顕修塾/MA日本スーパーライト級王者)

【フォト】パンチも強烈なゴンナパーの右フック

 今大会では当初、ゴンナパーvs瑠輝也(るきや/22=TRY HARD GYM)の-63kg次期挑戦者決定戦が予定されていたが、所属ジムに契約があったとの理由から瑠輝也の出場が取り消しに。石田勝希が瑠輝也に代わり、ゴンナパーと王座挑戦権を争うことになった。 

 ゴンナパーは2016年9月からK-1に参戦し、強烈な左の蹴りを武器に元Krush -63kg&-65kg王者・山崎秀晃や元K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者・卜部功也を撃破。Krushには昨年11月に初参戦し、Bigbangスーパーライト級王者・林健太を1R2分7秒KOでマットに沈めた。

 対する石田は『K-1甲子園2009』で第3位、グローブ空手で60戦無敗の実績を引っさげ、2011年にプロデビュー。キックボクシングでは2つのベルトを獲得し、2017年2月のKrushデビュー戦では、ゴンナパーと対戦した林に1R1分35秒でKO勝ちしている。

 1R、さっそく左ミドル&ハイで石田の右腕を潰しにかかるゴンナパー。石田は鋭い踏み込みから右フックや左アッパーを放ち、離れ際には右ミドル&ハイを飛ばす。ゴンナパーがコーナーを背負うと、石田がパンチのラッシュを仕掛ける場面も。

 2R、ゴンナパーが蹴るとすかさず蹴り返す石田。しかし、ゴンナパーはさらに左ミドル&ローの数を増し、強烈な左フックも叩き込んで石田につけ入る隙を与えない。

 徐々に動きが落ち始めた石田に対し、ゴンナパーは前蹴り。これで石田がコーナーを背負ったところに、ゴンナパーは左右フックから強烈な左ロー。石田はその場でしゃがみ込み、ゴンナパーがダウンを奪う。

 石田は何とか立ち上がるが、試合が再開された瞬間にゴンナパーが飛びヒザ蹴り一閃。後方へ吹っ飛んだ石田はそのまま立ち上がることができず、ゴンナパーのKO勝利となった。

 試合後、Krush -63kg王者・佐々木大蔵がベルトを肩にリングイン。ゴンナパーは会心の勝利に笑顔を浮かべながら、「今回はいつもよりたくさん練習をしました。会長に『負けたらタイに帰国しろ』と言われていたので。(佐々木のベルトを見て)ベルトが光って見えますね」とマイクアピール。

 これを受けて、佐々木は「ゴンナパー選手、おめでとうございます。みなさんが見ての通り、最強の相手だと思います。でも、このベルトは僕のモノなので、最強の挑戦者をしっかりと仕留めたいと思います。みなさん、応援よろしくお願いします」と意気込みを述べた。

最終更新:2/12(月) 23:55
イーファイト