ここから本文です

Snapdragon 845の実力は? レファレンスモデルでベンチマークテストをした結果

2/12(月) 14:05配信

ITmedia Mobile

 Qualcommが2017年12月に米ハワイ州マウイ島で開催されたローンチイベントで発表した次期プロセッサ「Snapdragon 845」。現行モデル「Snapdragon 835」が正当進化したハイエンドモデルとして搭載製品に期待を寄せているユーザーも多いことだろう。今回、米サンディエゴで開催された「Snapdragon 845 Benchmarking Workshop」にて同プロセッサを搭載したQualcommのレファレンスモデルを触る機会を得たので、ベンチマークテストの結果と雑感を紹介したい。

ベンチマークテストの結果

●AnTuTu総合スコアで27万に迫る数字

 今回Qualcommから借用したレファレンスモデルで、アプリとブラウザのベンチマークテストをいくつか試してみた。総評でいえば、Snapdragon 835と比較してどのベンチのスコアも大幅に伸びており、最新プロセッサの実力を体感できた。

 例えばAnTuTu総合スコアは多くの835デバイスで17万~19万程度の水準にとどまっている一方で、845のレファレンスモデルでは比較的安定して25万以上のスコアを出している。GPUについても835のAdreno 540から、845ではAdreno 630と世代が上がっており、ベンチマークテストの結果はQualcommが言う「GPU性能は前世代比で30%向上」に近い水準となっている。

 レファレンスモデルにおける注意点としては、カメラ等の機能が有効化されておらず、全体にチューニング中の状態であること。そして廃熱の問題か、比較的すぐにプロセッサの温度が上昇してベンチマーク結果に影響を及ぼす傾向が見られたことだ。

 例えば、AnTuTuを最初に実行した時点では30度台だった温度が、ベンチマークを数回実行した後に47度まで上昇し、当初27万近かったスコアは25万付近まで落ちてしまった。テスト中は何度か冷却時間をおきながらベンチマークを実行したが、特にブラウザ関係を中心に後半に行ったベンチマークほどスコアが落ち込む傾向が出てしまっている。そのため、ベストな状態ではもう少しだけスコアが高く出ると考えてほしい。

 もっとも、温度が上昇してスコアが落ちた状態であっても、Snapdragon 835の平均よりは高い水準を保っており、それだけ発熱が最低限度に抑えられていることが分かる。実際の製品でのパフォーマンスの差はサーマルデザインに依存する部分が大きいと考えられるが、いずれの製品においてもある程度期待通りのパフォーマンスは得られるはずだ。実際の製品が発表された段階で、あらためてチェックしていきたい。

最終更新:2/12(月) 14:05
ITmedia Mobile