ここから本文です

マーベル新アトラクションがディズニーランド・パリに!香港、フロリダと世界中を席巻

2/12(月) 19:05配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 開園25周年で沸くディズニーランド・パリのウォルト・ディズニー・スタジオ・パークに、このほど新たにアイアンマンとアベンジャーズをテーマにした新アトラクションが誕生することがわかった。

 新情報は、東京ディズニーリゾートで2月10~12日に開催されたディズニーファンのためのイベント「D23 Expo Japan 2018」で、ウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツのボブ・チャペック会長が発表したもの。もともディズニーランド・パリにマーベルの要素が加わることはウォルト・ディズニー・カンパニーCEOロバート・A・アイガーによって今月上旬に発表されていたが、正式発表は初めて。同時に初公開されたコンセプトアートを見ると、アイアンマンが描かれており、スリリングなアトラクションへトランスフォームする可能性が濃厚だ。またこれに伴い、現行のアトラクション「Rock‘n’ Roller Coaster Starring Aerosmith」がクローズする。

 また、昨年発表があった、2020年にリニューアル完成予定の新ホテル「Disney's Hotel New York - The Art of Marvel」の客室アートも初公開。ディズニーランド・パリでは今年の夏にスペシャルイベント「Marvel Summer of Super Heroes」もスタートする予定で、マーベルの勢いが止まらない。

 そのほか「D23 Expo Japan 2018」では、昨年発表があった米フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのエプコットに建設される「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」をテーマにしたアトラクションが、屋内型のローラーコースターであることも発表。これが完成すると世界でもっとも長い屋内型のローラーコースターになるとのことで、ウォルト・ディズニー・ワールド50周年となる21年にオープンする予定だ。

 そして香港ディズニーランド・リゾートには、「アイアンマン・エクスペリエンス」、カリフォルニアの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト」に続く世界で3つ目のマーベル系のライドアトラクションが誕生することも発表され、アントマンとワスプが登場するコンセプトアートも初公開。ファンの喝采を浴びていた。

最終更新:2/12(月) 19:05
映画.com