ここから本文です

仮装行事で「黒塗りメーク」は是か非か…フランスで論争に

2/12(月) 11:49配信

AFP=時事

【AFP=時事】仮装イベントでの「ブラックフェース(顔の黒塗り)」は許されるか──。フランス北部ダンケルク(Dunkirk)で11日に始まった恒例のカーニバルをめぐり、そんな論争が巻き起こっている。住民らがアフリカの部族をまねて黒塗りをして参加する伝統の催しについて、活動家らは人種差別だと批判。一方、市長は「笑う自由」があるとして擁護し、真っ向から主張が対立している。

【写真】英国で発見の古代民族を再現、肌黒くて目は青かった

 数週間にわたって続く港町ダンケルクのカーニバルでは、地元住民らが仮装して通りを練り歩く。毎年、数万人の観客を集める人気行事だ。

 しかし今年は、始まってからちょうど50年を迎えるチャリティーイベント「黒人の夜」(今年は3月10日に開催予定)をめぐって、特に注目を浴びている。参加者がアフリカの部族のまねをして顔を黒く塗ったり、黒い衣装を着たりすることに、批判の声が上がっているからだ。

 港周辺に張られていたこのイベントのポスターでは、男性3人がペイントで顔を黒く塗り、羽根の頭飾りを着けている。しかし、反人種差別運動家らの抗議を受けて、昨年12月に撤去された。

 反人種差別に取り組む活動家らは黒塗りの顔について、欧州で19世紀にサーカスの見せ物に使われたアフリカの黒人や、米国のいわゆる「ミンストレル(Minstrels)」ショーで白人俳優が顔を黒く塗り黒人を笑いものにしたのを思い起こさせるとして、人種差別だと批判している。

 だが左派のパトリス・ベルグリット(Patrice Vergriete)市長は、顔の黒塗りは「笑う自由、一緒に楽しむ自由」の一つだと擁護。この装いは風刺であり、戯画的な表現を意図したものだと主張している。

 フランスの黒人団体連合の代表ルイジョルジュ・タン(Louis-Georges Tin)氏は顔の黒塗りについて、野蛮人または愚かな人として黒人から人間性を奪うのに使われていることに加え、黒人が奴隷として売買されていた事実に改めて注意を促す。

 同氏は仏紙ルモンド(Le Monde)への寄稿で、ダンケルクが17~18世紀に奴隷貿易に関わっていたというあまり知られていない歴史に触れた上で、こう書いている。「彼らは『黒人の夜』は伝統だと主張する。その通り。だが、人種差別もまた伝統になってしまっているのだ」 【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:2/12(月) 15:34
AFP=時事