ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

熊田曜子 小学校時代のバレンタイン“ほろ苦い”思い出告白

2/12(月) 16:23配信

東スポWeb

 タレントの熊田曜子(35)が12日、東京・松屋銀座で行われた「多くの人を魅了する究極のガトーショコラの秘密」トークイベントに出席した。

 熊田は6月に第3子を出産予定で、妊娠6か月のポッコリしたおなかで登場。ガトーショコラが大好きといい「食べると止まらなくて、切り分ける意味があるのかなってくらい。本当に濃厚で、でも後味がスッキリしてる」と明かした。

 5歳と2歳の娘も大好物のようで「放っておくと娘たちが全部食べちゃう。私が食べてると、私が食べてるものを食べたいっていうから全部取られちゃう」。

 そんな熊田は小学生のころ、ホロ苦いバレンタインデーを経験したと告白。「小学校2~3年生のときに“だいすけくん”って男の子が好きだったんだけど、『今年のバレンタインでお前が誰にチョコレートあげるか分かっちゃった』と言われて、心を見透かされた感じがした」そうで「それが乙女心に恥ずかしくて、当時のイケメン二大巨頭だった“やまぐちくん”の方にチョコレートをあげちゃったんです。それ以来“だいすけくん”とは気まずくなって、私が転校しちゃった」。それ以来“だいすけくん”とは会う機会がないままだという。

 当時から20年以上がたち、結婚して6年目に入った。「最近は子供にかかりっきりで、主人に大好きと言うのを忘れてる。14日は『いつもありがとう。大好き!』と言ってチョコレートを渡したい」と明かしてのろけた。

最終更新:2/12(月) 16:28
東スポWeb