ここから本文です

矢沢心 2人の娘“格闘家の道”はダメ「そのために産んだんじゃない」

2/12(月) 16:54配信

東スポWeb

 元格闘家の魔裟斗(38)、タレントの矢沢心(36)夫妻が12日、都内で共著「夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間」の発売記念イベントを開いた。

 2人は2007年2月に結婚。4年に及んだ苦しい不妊治療を経て長女(5)、次女(3)の2児に恵まれた。同著ではその不妊治療の過程をまとめ、同じ症状に悩む夫婦にメッセージを送る。矢沢は真剣なまなざしで「(不妊治療で)遠回りしないためにも、自分の体を知ってもらいたい」と訴えた。

 魔裟斗も子煩悩なようで、子育てについて「一日1回怒鳴っていると思う。(姉妹が)物の取り合いでケンカをするので」と苦笑いしつつ「それ以上に楽しいことが多い。大変な時間の100倍楽しい」と白い歯をのぞかせた。

 愛娘の将来について格闘家の道を聞かれると、矢沢は「絶対にないです!」と即答。「(試合で)鼻血を出したら、そのために産んだんじゃないと思っちゃう」と素直な親心をのぞかせる。魔裟斗も「子供が殴られる姿は見たくない。まして女の子」と同調した。

最終更新:2/15(木) 7:33
東スポWeb