ここから本文です

<丸神の滝>氷結 6年ぶり3段目に氷の道 埼玉・小鹿野

2/12(月) 13:24配信

毎日新聞

 埼玉県内で唯一、「日本の滝百選」に選ばれている同県小鹿野町両神小森の「丸神の滝」の3段目(長さ約50メートル)がほぼ全面氷結しているのが9日確認された。小鹿野両神観光協会は「3段目に氷の道ができるのは2012年以来。今冬の厳しい寒さの表れ」と見ている。

 丸神の滝は3段に分かれ、水が全長76メートルを絹のように美しく流れ落ちることで有名。同協会は「1月下旬から3段目の滝つぼが凍り始め、氷柱が徐々に上へ上っていった。1~2段目は氷結に至っていない」と説明し、12日以降の気温次第では氷結が解ける可能性があるとし、現場に近付くにはアイゼンの着用を呼び掛けている。【松山彦蔵】

最終更新:2/12(月) 15:55
毎日新聞