ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

フィギュア団体日本の5位確定 カナダ金、OAR銀も確定

2/12(月) 12:03配信

デイリースポーツ

 「平昌五輪・フィギュアスケート団体・女子フリー」(12日、江陵アイスアリーナ)

 カナダのガブリエルデールマンが137・14点を記録し3位に入った。団体戦のポイントを63ポイントに伸ばし、2位のOAR(ロシアからの個人資格選手)に5ポイント差をつけたため、最終種目のアイスダンスフリーダンスを残して、カナダの団体金メダルが決まった。OARの銀メダルも確定した。日本は4位のイタリアと5ポイント差がついたため、日本の5位が確定した。

【写真】 コリア~大変!背中があらわ アイスダンス演技中に衣装のホックが外れる

 日本の坂本花織(17)=シスメックス=は冒頭のコンビネーションジャンプが単独になるなどし、十分に得点を伸ばせず131・91点の5位に終わった。1位はOARのアリーナ・ザギトワで、自己ベストを更新する158・08点。エフゲニア・メドベージェワ(OAR)が持つフリー世界最高の160・46点に迫る圧巻の演技だった。

 1位10ポイント、2位9ポイントと順位に応じたポイントが与えられるため、1つの種目で4ポイントまでしか詰めることができないため、カナダの金、OARの銀、日本の5位が確定した。

 【団体戦ポイント】

(1)カナダ  63

(2)OAR  58

(3)米国   53

(4)イタリア 49

(5)日本   44