ここから本文です

若村麻由美「海月姫」で月9初出演!蔵之介の母親役 瀬戸康史の見せ場「たおやかに受け止める」

2/12(月) 8:00配信

スポニチアネックス

 女優の若村麻由美(51)がフジテレビの看板ドラマ枠“月9”に初出演する。「海月姫(くらげひめ)」(月曜後9・00)に第5話(12日放送)から登場。女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)の母・リナを演じる。

【写真】「海月姫」で女装美男子・鯉淵蔵之介を演じる瀬戸康史

 原作は、代表作に「かくかくしかじか」「東京タラレバ娘」などがある人気漫画家・東村アキコ氏の同名ヒット作。2010年にはテレビアニメ化され、14年12月には実写映画が公開された。

 今回は初のテレビドラマ化。芳根京子(20)演じる筋金入りの“クラゲオタク女子”月海(つきみ)が女装美男子・蔵之介と童貞エリート・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会い、新しい自分と新しい生き方を見つける姿を描く。さらに兄弟と三角関係に陥り、自分には一生縁がないと思っていた恋を知る姿を、ギャグを交えながら描く新感覚の“シンデレラ・コメディー”。

 若村が演じるリナは、元舞台女優。蔵之介の父・慶一郎(北大路欣也)の愛人だったが、本妻より先に身ごもり、蔵之介を産む。リナと別れた慶一郎は将来、息子も自身と同じ政治家にしようと、蔵之介を引き取る。

 以来、蔵之介は実の母・リナと一度も会ったことがなく、女装をしているのも「もし自分が女性だったら、母と離れ離れになることはなかったかもしれない…」という思いの表れだ。

 若村は月9初出演に「私自身がクラゲ好きなので、うれしかったです。クラゲと触れ合うシーンがあれば、なおうれしいですね」と喜び。「複雑な環境の中、離れ離れになった親子の再会は難しいですが、蔵之介を繊細に演じていらっしゃる瀬戸さんの演技の見せどころでもあるので、蔵之介の母らしく、たおやかに受け止められればと思っています」と意気込んでいる。

 同局編成企画の渡辺恒也氏は「リナは、蔵之介が女装を趣味とするようになったきっかけとも言える存在で、蔵之介のファッションに対する思いの根源にあり続ける女性です。大人の色気と品の良さを兼ね備えた若村さんの確かな表現力が、リナという女性の背景にある物語性をより深いものにしてくれると思います」と起用理由を説明。

 「舞台女優の道を一度はあきらめた彼女が、今どこで何をしているのか、そして彼女の口から語られるある“願い”が、月海・蔵之介・修の三角関係の行方にも大きく影響していきます。また、1話から描かれている鯉淵家の人間関係や、父・慶一郎と蔵之介・修の兄弟との間に流れる形の見えないわだかまりが、彼女の登場によってどう変わっていくのかにも、是非ご注目ください」と呼び掛けている。