ここから本文です

<五輪フィギュア>団体 カナダ初の栄冠

2/12(月) 20:56配信

毎日新聞

 五輪正式種目となって2回目の団体を制したのは、戦前の予想通りカナダだった。前回ソチ五輪で男子金メダル候補と言われながら獲得できなかったチャンは、団体ながら自身初の栄冠に「チームのおかげで金メダリストになれた」と喜んだ。

 9日のショートプログラム(SP)で2度転倒したチャンは、この日のフリーは1位。序盤に迫力のある2本の4回転トーループを決めた。アイスダンスで2010年バンクーバー五輪覇者のバーチュー、モイヤー組をはじめ、世界選手権のメダリストをそろえたカナダは男子、女子、ペア、アイスダンスのすべての演技で3位以内を確保してポイントを積み上げ、大きな穴がなかった。

 ソチ五輪後に休養していたバーチュー、モイヤー組が昨季に競技会へ復帰した後、チャンらは団体で金メダルを取れると話したという。モイヤーはカエデが金色になった国旗を持ち「今回は勝ちたかった。僕たちは世界で最高のチーム」と誇った。【福田智沙】

最終更新:2/12(月) 21:06
毎日新聞