ここから本文です

ハーフパイプ女子・松本遥奈3位、冨田せな7位で決勝進出 今井、大江は予選敗退

2/12(月) 15:04配信

デイリースポーツ

 「平昌五輪・スノーボードハーフパイプ女子・予選」(12日、フェニックススノーパーク)

 日本選手では、松本遥奈(24)=クルーズ=が3位、富田せな(18)=新潟・開志国際高=が7位とし、上位12人が進める決勝進出を確実にした。

 松本は1回目で横2回転半などの技を丁寧に決めて80・75点で上位につけた。2回目も横3回転を含むトリックを確実にまとめて84・25点と得点を伸ばした。

 冨田は1回目で59・50点。2回目で66・75点と得点を伸ばして決勝進出を決めた。

 今井胡桃(18)=バートン=は1回目で54・75点。2回目も途中で手をついてしまい失速し、後半に高難度の技を出せずに50・00点と得点を伸ばせず15位で予選敗退が決まった。

 1回目で尻もちをついてしまった大江光(22)=バートン=は2回目で縦回転を含む技の後で減速してしまった。体勢を立て直して演技を続けたが技に高さも出なくなり、51・00点と伸びず、17位で予選敗退となった。