ここから本文です

平昌五輪・談話(フリースタイル)〔五輪・フリースタイル〕

2/12(月) 23:48配信

時事通信

 ◇失敗する気しなかった
 原大智 なぜか分からないが、決勝を滑る前は失敗する気がしなかった。楽しくて、早く滑りたくて仕方がなかった。銅メダルで、今はうれしいという気持ちしかない。
 ◇気持ち入り過ぎた
 堀島行真 何もできず終わってしまったので悔しい。気持ちが入り過ぎたという思いはある。金メダルを目指して頑張っても結果が残せず、五輪の勝負の厳しさを感じた。
 ◇できることやった
 遠藤尚 結果はすごく悔しいが、できることは全部やったので悔いは残っていない。最後までやり切れた。
 ◇悔い全くない
 西伸幸 ここでの僕の評価はあまり高くなかった。最後は思い切りいくしかないと思って滑ったので、悔いは全くない。(時事)

最終更新:2/13(火) 0:26
時事通信