ここから本文です

フィギュア団体男子フリー5位の田中刑事「いいイメージが組めなかった」

2/12(月) 11:16配信

スポーツ報知

◆平昌五輪第4日 ▽フィギュアスケート団体男子フリー(12日・江陵アイスアリーナ)

 5チームによる団体戦最終日は、男子フリーが行われ、最後の5番目に登場した田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が、148・36点で5位に終わった。田中刑事の一問一答は次の通り。

 ―演技を終えて。

 「緊張感というより、自分の立て直しができなかったのが悔しい」

 ―緊張感はなかったか。

 「それより自分のやることを考えていたので…。うーん。緊張感での失敗ではないです」

 ―4回転が回転不足に。

 「6分間練習からいいイメージが組めなかったのが原因だと思う」

 ―今後にプラスになるか。

 「本当に悔しいフリーを滑ってしまったので。個人戦ではこれをひきずらない演技をしたい

 ―この後の坂本らには。

 「僕が思い切り勢いついた演技ができなかったので、この後はみなさん、勢いに乗って滑ってもらえたら…」

 ―個人戦にどうつなげるか。

 「失敗もつなげていかないと、経験した分、次のショートは冷静に飛べたらいい」

最終更新:2/12(月) 11:24
スポーツ報知