ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

高木美帆、銀メダル獲得 女子個人では史上初 小平6位入賞

2/12(月) 22:49配信

デイリースポーツ

 「平昌五輪・スピードスケート女子1500メートル」(12日、江陵オーバル)

 最終14組で滑走した高木美帆(23)=日体大助手)は1分54秒55で銀メダルを獲得した。小平奈緒(31)=相沢病院=が1分56秒11で6位入賞。菊池彩花(30)=富士急=は、1分58秒92で16位だった。金メダルはイレイン・ブスト(オランダ)が獲得した。

 世界記録保持者のヘザー・ベルフスマ(米国)と滑走は再スタート。アウトレーンスタートの高木美は終盤に追い上げベルフスマを抑えるとともに2位の結果を出した。スピードスケートの日本女子は2010年のバンクーバー五輪の団体追い抜きで銀メダルを獲得しているが、個人では銅メダルが最高で、銀メダルは史上初の快挙だった。

 15歳で年バンクーバー五輪に出場。彗星のように現れた少女は将来を嘱望された。しかし、前回のソチ五輪では代表落ちの屈辱を味わった。悔しさを胸に1500メートルでは今季のW杯前半戦の4レースを全勝。得意種目で銀メダルをつかみとった。

 3000メートルで5位入賞の高木美は、1000メートル、マススタート、チームパシュートにも出場する。