ここから本文です

大竹まこと、インフルエンザから復帰も「かなりひどい目に遭いました」

2/12(月) 14:12配信

スポーツ報知

 タレントの大竹まこと(68)が12日、パーソナリティーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月曜~金曜・後1時)に生出演。インフルエンザから10日ぶりに復帰し、「かなりひどい目に遭いました」と話した。

 大竹は「ずいぶん休ませていただきました。インフルエンザB1型っていうんですか、かなりひどい目に遭いまして」と振り返り、番組をスタート。

 インフルエンザで食事が喉を通らず「体重が3キロ落ちたよ」と大竹。「あッという間に体重って落ちるのね。おかゆと梅干しと昆布。あんなにおいしいと思ったことはありません。諸事情で熱にうなされることがあっていい夢と悪い夢を見た。悪い夢はとんでもなくネガティブで救いようがなかった。布団の裏側にしみ出るくらい汗でびっしょりになりました」と、たまに咳込みながら休んでいた時のことを説明した。

 大竹は5日、風邪のため同番組を欠席。6日に火曜パートナー・はるな愛(45)が「大竹まことさんは、インフルエンザB型ということが確定しました。そのため今週いっぱい、お休みになります」と報告した。

 1月28日に会社員の長女(28)が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、大竹が1日に会見。同日の放送に出席するも「今後はわかりません」とした。しかし、放送後、同局は大竹の出演継続を決定した。

 大竹は「今度の経験から、体にも影響が出るのが分かった。いろいろご心配をおかけしました」とリスナーにしみじみ語りかけた。

最終更新:2/12(月) 14:13
スポーツ報知