ここから本文です

【クイーンC】7番人気アルーシャが3着 ルメール「距離はこれくらいが合っている」

2/12(月) 17:28配信

スポーツ報知

◆第53回クイーンC・G3(2月12日、東京競馬場・芝1600メートル、牝馬限定、東京競馬場、良)

 3番人気のテトラドラクマ(牝、父ルーラーシップ、美浦・小西一男厩舎、田辺裕信騎手)が逃げ切り、キャリア5戦目で重賞初制覇を飾った。田辺騎手は、34歳のバースデーを好騎乗で自ら祝福した。勝ち時計は1分33秒7。

 2着には5番人気のフィニフティ(川田将雅騎手)、3着には7番人気のアルーシャ(ルメール騎手)が入った。なお、1番人気のマウレア(戸崎圭太騎手)は5着に敗れた。

 ルメール騎手(アルーシャ=3着)「まだ若い馬まで、少しかかってしまったが、それでも直線は頑張ってくれた。距離はこれくらいが合っている。もう少しリラックスして走れば、いい脚を使えると思う」

最終更新:2/15(木) 17:27
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ