ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

蛭子能収、テレ東以外でも路線バス旅 サンドと夏菜を道連れに

2/12(月) 6:00配信

オリコン

 テレビ朝日系『帰れまサンデー・見っけ隊』(毎週日曜 後4:30~※関東ローカル)の人気企画、『秘境路線バスに乗って飲食店を見っけ隊』がゴールデンタイムに進出。『中居正広の身になる図書館』との合体3時間スペシャル編成で12日(後7:00~)に放送される。今回の「見っけ隊」は、お笑いコンビ・サンドウィッチマンが路線バスのベテラン(?)こと蛭子能収、夏菜とともに世界遺産、白川郷・五箇山でバス旅に挑戦する。

【写真】『秘境路線バスに乗って飲食店を見っけ隊』より

 約10年にわたってローカル路線バスを乗り継ぐ旅番組に出演してきた蛭子だが、テレビ局/番組が変われば旅のルールも当然変わる。『秘境路線バスに乗って飲食店を見っけ隊』は、人里もまばらな秘境をめぐる路線バスを舞台に、すごろくのようにサイコロで下車するバス停を決め、そこから歩いて行ける飲食店を探し出すロケ企画。車窓を流れる風景、知られざるグルメ、人々との触れ合いといったのどかな旅気分と、いつ終点にたどり着けるかは運次第というスリルが同時に味わえる、筋書きのない展開がみどころとなっている。

 今回は、雪景色の「白川郷・五箇山の合掌造り集落」をめぐる世界遺産バスに乗車。一面の銀世界を舞台にサイコロを振りながら秘境グルメ探しに挑戦する。旅は、最初のバス停からして雪に埋もれて見つからず、サイコロは転がるどころか雪に突き刺さるという波乱の展開でスタート。

 路線バスに乗り慣れた蛭子ですら、「こういうパターン、今まで俺なかった…」と不安がる。その上、サンドウィッチマンから何度説明されてもルールが把握できない様子で、次のバスが来るまで時間がない中、一人で雪原を突き進むという謎の別行動を取る。しかし、飲食店での撮影交渉では大活躍する。

 蛭子は「ほかのバス旅は、とにかくあるところに向かって行くというものでしたが、今回はある程度、自由な旅でした。ただサイコロに時間を取られて…。『1』が出たのは番組的には面白かったかなと思いますが、俺はすんなりと目的を達成して早く帰りたいタイプですね」と話していた。

 一方の夏菜はサイコロ運の無さを露呈。「1だけは勘弁してください!」という願いむなしく、バス停1つしか進めない「1」を出してしまう。それでも、近くに飲食店があれば、多く進んだ先で何も見つからないよりはマシなのだが、果たして今回は? 冬の寒さ、雪が降り積もる悪路、日没など、過酷な条件が次々と襲う中、一行は無事バスのあるうちに終点までたどり着くことができるのか? そして雪に囲まれた白川郷・五箇山の合掌造り集落にはどんな“世界遺産グルメ”が眠っているのか?

最終更新:2/12(月) 6:00
オリコン