ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

『YAグラ姫2018』準グランプリは北海道在住の現役高校生、池田優花「ソコじゃなくて大きな口を見てほしい」

2/12(月) 19:00配信

デビュー

 青年コミック誌『ヤングアニマル』(白泉社)が主催する次世代のグラビアクイーンを決める読者投票企画『YAグラ姫2018』のお披露目会が9日、DMM.com本社で行われ、アイドルグループ・桃色革命(愛称 桃レボ)のメンバーで北海道在住の現役高校3年生の池田優花(17歳)が準グランプリとして発表された。

【写真】YAグラ姫2018のお披露目に登場した池田優花。

 現在も北海道在住で、飛行機で行き来しながら都内でライブ活動を行っている池田。サイパンでの撮影は本人にとっても革命的だったようだ。「サイパンは暖かくて感激しました。水着でも暑いぐらいで、こんな世界があるんだ!って」と満面の笑顔を見せる。

 9日に発売された『ヤングアニマル』(白泉社)の巻末グラビアでは、陽光の下、フレッシュなビキニ姿を披露している池田。チャームポイントを聞かれると、「口が大きくてセクシーなんです。ソコ(水着)じゃなくて、口を見てほしい」とアピールした。

 「アイドルなんですけど、性格とかMCとかアイドルっぽくないなって常に思っている」という。特技披露でも『コーラ一気飲みから、げっぷをせずに地元の路線の駅名を言う』という、どこかで見たような芸を披露し、まんまとげっぷを披露してみせた。バラエティー向きのキャラクターは、たくさんの人に愛される可能性を秘めている。

 「準グランプリという結果を持って、私と桃色革命をたくさんの人に知ってもらって、グラビア界に革命を起こせるように頑張りたい」と意気込む池田。これから様々な雑誌だけでなく、テレビなどでもその姿を見ることが出来るかもしれない。

最終更新:2/12(月) 19:00
デビュー