ここから本文です

ATSUSHIがブルーノを歌う!自ら日本語詞、世界的ヒット曲をカバー

2/12(月) 4:00配信

サンケイスポーツ

 EXILEのボーカル、ATSUSHI(37)が、2010年に発売された米国出身の世界的歌手、ブルーノ・マーズ(32)の大ヒット曲「Just The Way You Are」を日本語でカバーすることが11日、分かった。同曲の英語以外の公式カバーは史上初。日本語詞はATSUSHIが手がけ、4月11日に新曲として発売する。約1年間の米国留学を経て成長した実力派のソロ復活曲は話題になりそうだ。

 希代のボーカリストが、今年の米グラミー賞で6冠を獲得した世界的スターと“初タッグ”。

 2010年7月にブルーノが発売した「Just The Way You Are」は愛する人への思いを歌った壮大なラブバラード。「ありのままの君が好き」というストレートな歌詞や彼の透明感あふれる歌声が話題となり、全米チャートで4週連続1位を獲得。11年に世界1位の1250万ダウンロードを記録した大ヒット曲だ。

 関係者によると、ATSUSHIは以前からブルーノをアーティストとして敬愛。好きだった同曲を聴くうちに「名曲を日本語で歌うことができれば、より多くの日本人の心に思いが伝わる」との思いが芽生え、楽曲の世界観を守りつつ、自身の解釈で表現した日本語詞を16年から約1年半かけて制作。楽曲の使用許諾を出版社へ依頼していたが、難航していた。

 そんな中、昨年7月に所属レコード会社、エイベックスがブルーノと全世界音楽出版管理契約を締結。同10月にブルーノに許諾の確認を取る機会があり、ATSUSHIの楽曲を本人が試聴。ブルーノはCD総売り上げが3000万枚を超えるEXILEのボーカルを務める実績も認め、念願の曲発売が決まった。

 昨年12月にATSUSHIがブルーノの米ワシントンD.C.公演を訪れ、ついに初対面。日本酒を贈られたブルーノは「僕の曲をカバーしてくれたこと、誇りに思うよ」と喜び、後日ロサンゼルスでレコーディング中のATSUSHIにサイン入りのラム酒を届けた。

 昨年はじめから約1年間、米国留学したATSUSHIは親交のある男性3人組、ボーイズ・II・メンらと楽曲制作するなど本場のエンタメを体感し、「今年は復活イヤー。今まで充電してきたパワーを余すことなく注いでいきたい」と宣言。攻めの姿勢で進化した姿を見せつける。