ここから本文です

北の楽団長、公演で「独島」替え歌披露

2/12(月) 1:21配信

産経新聞

 【江陵=桜井紀雄】韓国の文在寅大統領は11日、訪韓した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正氏ら高官代表団と北朝鮮の「三池淵管弦楽団」のソウル公演を観覧、その際に「心を合わせ、難関を突破しよう」と北朝鮮側に呼び掛けた。代表団はその後、専用機で北朝鮮に帰還した。

 公演では、玄松月(ヒョン・ソンウォル)楽団長が「独島(トクト)もわが祖国」と竹島(島根県隠岐の島町)の領有を主張する北朝鮮歌謡の替え歌を披露した。

 朝鮮中央通信によると、代表団長の金永南最高人民会議常任委員長は10日の会談で「北南関係の全盛期を切り開くため、確固たる意志を持って決断を下せば、難関も突破し、統一の未来を早められる」と述べていた。

最終更新:2/12(月) 1:21
産経新聞