ここから本文です

平昌五輪 銀メダルを獲得した高木美帆「1番を取れなかったのは、すごい悔しい」 スピードスケート女子1500メートル

2/12(月) 23:45配信

産経新聞

 平昌冬季五輪スピードスケート女子1500メートルで銀メダルを獲得した高木美帆(日体大助手)は競技後、「1番を取れなかったのは、すごい悔しい」と語った。一問一答は以下の通り。

     ◇

 --表彰台に立った気持ちは

 「あらためて表彰台に立ってみて、1番を取れなかったのは、すごい悔しい気持ちが、またこみ上げてきた時間でした」

 --声援がすごかった

 「この会場まで来てくださった方々にも感謝の気持ちがいっぱいですし、この日だけが特別ではなくて、いままでも、ソチが始まる前からずっと、いろんな方に応援して支えていただいていたので、こみ上げてくる気持ちというのはありました。

 自分の中で最高順位を取れたというのは、誇りに思えることなので、ここまで来ることができたのは、自分に自信を持っていきたいと思います。

 まだ大会は終わっていないので、1000(メートル)とパシュートでは今以上のレースができるように準備していきたいと思います」(五輪速報班)

最終更新:2/12(月) 23:45
産経新聞