ここから本文です

度会町の一之瀬神社 4地区の獅子舞奉納 無病息災や豊作願う 三重

2/12(月) 11:00配信

伊勢新聞

 【度会郡】三重県度会町脇出の一之瀬神社(濱岡裕之宮司)で11日、例大祭が営まれた。同神社の氏子の南中村、脇出、市場、和井野の4地区が県無形民俗文化財に指定されている獅子舞を奉納し、無病息災や五穀豊穣を祈願した。

 4地区の獅子舞は、南北朝時代に一之瀬城にあった獅子頭4頭のうち3頭を分け与えたのが始まりとされ、それぞれの地区が継承している。

 午前中は各地区で獅子舞を披露し、午後から同神社の境内で4地区が順番に奉納。場を清めるてんぐの舞に続いて獅子が登場し、太鼓や笛の音色に合わせて勇壮に舞った。観客らは地区ごとに異なる獅子頭や個性豊かな舞を楽しんだ。

伊勢新聞

最終更新:2/12(月) 11:00
伊勢新聞