ここから本文です

強い冬型により、高知で約12年ぶり積雪記録

2/12(月) 7:09配信

ウェザーニュース

連休最終日の今日、日本付近は強い冬型の気圧配置が続いていて、北陸・東北日本海側をはじめ広い範囲で雪となっています。

近畿や四国、九州南部など太平洋側の各地でも雪となっており、四国 高知では12日6時現在、積雪1cmを記録。約12年ぶりの積雪となりました。

西日本太平洋側への雪雲の流れ込みは日中になると弱まってきますが、時々雪が降ることがありそうです。

週前半にかけて大雪に要警戒

この強い冬型の気圧配置は13日(火)頃にかけて続く見込みで、特に日本海側のエリアでは大雪に警戒が必要です。

【14日09時までに予想される降雪量】
《北海道日本海側》
 50~70cm

《東北北部日本海側》
 70~100cm

《東北南部日本海側》
 120~150cm

《東北太平洋側》
 山沿い40~60cm、平地10~20cm

《北陸東部》
 120~150cm(特に下越山沿い)、佐渡島60~80cm、平地60~80cm 。

《北陸西部》
 山沿い100~130cm、平地50~80cm(福井県嶺北)

《甲信北部》
 山沿い40~60cm

《近畿北部》
 20~40cm

《山陰》
 30~50cm

《九州北部》
 平地5~15㎝、山沿い20~40cm

※いずれも多い所

ウェザーニュース