ここから本文です

日本海側で荒れた天気 東北や北陸は大雪・吹雪に警戒

2/12(月) 7:14配信

ウェザーニュース

 日本付近は西高東低の強い冬型の気圧配置となっており、真冬の寒気が流れ込んでいます。この影響で、日本海側の地域を中心に雪が降り、積雪の増加や吹雪に注意が必要です。特に、東北地方や北陸地方、岐阜県飛騨地方には、発達した雪雲が次々と流れ込む予想で、大雪に警戒が必要です。不要不急の外出は控えてください。

 一方、北海道から九州にかけての太平洋側の地域では日差しが届き、お出かけを楽しむことが出来そうです。ただ、東北地方や西日本では寒気に伴う雪雲が流れ込んで雪を降らせる可能性があるため、お出かけ時は雨具をお持ちください。特に東北地方の太平洋側では、市街地でも積雪となる可能性があるため、車の運転や歩行の際は十分注意してください。

 強い寒気の影響で、各地で真冬並みの厳しい寒さとなります。昨日は寒さの緩んだ関東も、この時期らしい寒さが戻ってきます。体感の変化にご注意ください。また、沿岸の地域ほど風が強く吹き、実際の気温よりも寒く感じられそうです。首元をしっかりと覆い、万全の防寒でお過ごしください。

ウェザーニュース