ここから本文です

動画解説 2月12日(月)の天気のポイント

2/12(月) 7:39配信

ウェザーニュース

ウェザーニュース

 今日も、日本付近は西高東低の気圧配置が続きます。このため、北日本から西日本の日本海側の地域では寒気に伴う雪雲が北風に乗って流れ込んで雪が降りやすい天気となります。特に、東北地方や北陸地方には異なる方向から吹く風同士が衝突することで発達した雲(日本海寒帯気団収束帯)が発生する可能性があり、大雪に警戒が必要です。

 北日本の太平洋側では、日差しが届くものの沿岸地域ほど風が強めに吹いて凍てつく寒さとなりそうです。また、東北地方太平洋側には、寒気に伴う雲が流れ込んで雪を降らせる可能性があるため、突然の雪に注意が必要です。

 東日本や西日本の太平洋側でも、日差しが届いても強めに風が吹いて真冬の寒さとなります。お出かけの際は万全な防寒が必要です。ただ、西日本太平洋側には寒気に伴う雪雲が流れ込んで雪が降る可能性があるため雨具があると安心です。

ウェザーニュース