ここから本文です

マカオ・中国本土間の「運び屋」取り締まり…越境通学児童のランドセルやベビーカー使った密輸事案も

2/12(月) 10:55配信

マカオ新聞

 マカオ税関(澳門海關)は2月11日、同月7日から9日にかけて、中国・拱北税関と合同で税関への申告や検疫が必要な物品及び禁制品をハンドキャリーや両地の間を往来可能なナンバープレートを付けた自動車、トラックで密輸する「運び屋」に対する取り締まりを実施したと発表した。

 マカオと中国・広東省珠海市は隣接しており、複数ある通関施設を経由して陸路で往来することができる。

 マカオ税関によれば、今回の取り締まりには両地の税関から延べ340人の職員が参加し、摘発件数は58件(このうちマカオ側35件)に上り、未検疫の生鮮食材、エレクトロニクス商品、酒、たばこのほか、ワシントン条約で禁止されている絶滅危惧種の皮を使った製品が26点見つかった。

 また、越境通学児童のランドセルとベビーカーを使ってカモフラージュした事案も11件あったとのこと。

 まもなく多客期となる春節シーズンを迎えるにあたり、両地の税関で情報共有しながら、違法行為に対して厳格に臨む姿勢を維持するとしている。

最終更新:2/12(月) 10:55
マカオ新聞