ここから本文です

「はれのひ」問題 東京・八王子で「プレゼント成人式」開催へ

2/12(月) 18:35配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 成人式当日に営業を取りやめた「はれのひ」によるトラブルがあった東京・八王子市で、被害に遭った新成人の成人式をやり直そうというイベントが行われています。

 八王子市では66人の新成人が出席して「2度目の成人式」が行われます。1月8日の「成人の日」の式典当日、八王子市にも店を置き、振り袖の着付けや販売を手掛ける「はれのひ」が突然営業を取りやめ、多くの新成人が振り袖を着ることができなくなりました。この問題を受けて立ち上がったのが地元の人たちによる企画、その名も「プレゼント成人式」です。会場には140着の振り袖が用意され、参加者は好きな晴れ着を選び、無料で着付けと写真撮影ができます。

 会場には午前7時すぎからおよそ200人のボランティアが集まり、準備を行いました。実行委員会代表の西室真希さんは「これだけ多くの人が朝からスタッフで入ってもらった。準備万端に、皆さんを笑顔にする準備を整えたい。きょうはきれいになることを楽しんで、笑顔で帰ってもらえたらうれしい」と呼び掛けました。

 参加する新成人は「優しい人たちが会を開いてくれたので、ありがたい気持ちでいっぱい」「心残りがあったので、参加したいと思って来た。やっとこの日が来たのかと、うれしい」「ひどいことがあっても、優しくできる大人になりたい」などと話していました。この「プレゼント成人式」は新成人や家族が参加して、12日夜に開かれます。

最終更新:2/12(月) 18:35
TOKYO MX