ここから本文です

【動画】日本海側は大雪・なだれに警戒  四国など太平洋側で大雪の所も(12日18時更新)

2/12(月) 18:04配信

ウェザーマップ

 13日(火)も日本海側では雪が続き、北陸を中心にさらなる大雪に警戒が必要です。晴れる太平洋側でも気温が上がらず、寒空となりそうです。

 13日(火)も強い冬型の気圧配置が続きます。日本海側では雪で、午前中は四国や近畿、東海など、太平洋側にも雪雲が流れ込むでしょう。午後になると、西日本の雪はやんできますが、北陸以北の日本海側では夜にかけて雪が続く見込みです。風が強く、ふぶく所もありますので、車の運転などは注意が必要です。
 
 特に雪の量が多くなりそうなのが北陸で、13日の夕方までに多い所で70センチの雪が降ることが予想されます。すでに平年を大きく上回る積雪になっている所にさらに雪が増えますので、なだれや落雪などに警戒が必要です。

 【13日夕方までの予想降雪量(多いところ)】
 北陸     70センチ
 東北     60センチ
 近畿、東海  50センチ
 北海道、中国、四国 40センチ
 関東甲信、九州北部 30センチ


 一方、太平洋側では晴れる所が多いですが、大阪は朝まで雪となりそうです。また、仙台や広島でも、所々で雪が降るでしょう。日中の気温は前日とあまり変わらず、東日本や西日本でも7℃前後となりそうです。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:2/12(月) 18:28
ウェザーマップ