ここから本文です

J1昇格でみんな笑顔に ジェフィ&ユニティ ジェフ市原・千葉のマスコット【今年は戌年がんばるワン!】番外編(上)

2/12(月) 8:39配信

千葉日報オンライン

 Jリーグ発足当初から、兄弟そろって“看板犬”として活躍してきた。背番号2が兄のジェフィ、背番号9が弟のユニティだ。日本代表を数多く輩出し、カップ戦を連覇したこともある伝統のチームだが、2010年からJ2暮らしが続く。戌年の今年こそ念願のJ1復帰を果たしてワンダフルな年にすべく、2人?の意気も上がる。

 ジェフィたちのモデルは秋田犬。「チームは当時東日本全体を活動エリアにしてきたので、秋田犬のマスコットが生まれた」と広報担当者は打ち明ける。誕生からすでに約四半世紀。すっかり千葉の地になじみ、スタジアムやイベントには欠かせない盛り上げ役だ。

 チームは昨シーズンのリーグ戦で、攻守ともに攻撃的なスタイルを確立。破竹の7連勝で3年ぶりにプレーオフに進出した。今シーズンは増嶋竜也選手ら即戦力の選手も加わり、スタイルの継続と進化を目指す。中でも、増嶋選手は中央区の出身。ご当地選手として期待大だ。

 「目標はJ1復帰。そして、サポーターみんなを笑顔にすること」と、選手に負けず劣らず張り切るジェフィたち。ホームゲームでは毎試合、サポーターをおもてなししている。そこでリーグ開幕を控え、同担当者を通じてサポーターへのメッセージをもらった。「ホームのフクアリは絶品グルメあり、楽しいイベントありと盛りだくさん。もちろん白熱した試合も約束します。僕たちジェフの試合を見に来てください。3月は4試合もあります」