ここから本文です

五味隆典、“頭突き”疑惑を語る「本当にやろうと思ったら鼻にやってる」

2/12(月) 12:01配信

AbemaTIMES

RIZINのオフィシャルチャンネル「RIZIN CONFESSIONS」(YouTube)が配信された。番組では2017年12月29日、31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について選手自身が振り返り、その本音に迫っている。

矢地祐介と五味隆典のスペシャルワンマッチでは、試合序盤に五味が矢地へパウンドを浴びせ続けていたが、途中で明らかに頭突きと思われる攻撃を矢地に見舞う場面が。インタビュアーから「これ」と指摘されると、五味は「まあ、あれは首元です」と答えたため、インタビュアーは思わず「五味さん?」と詰め寄る。

しかし五味は「あんなの格闘技ではあることですよ。本当にやろうと思ったら鼻にやってますから僕は」とヤンチャすぎる発言で応酬。一方、矢地は「俺、訴えてるんですよこのとき」と、審判へ頭突きがあったことをアピールして「あれ? ルール違反だよな」と思いつつ試合をしていたと告白。

そんな状況にも関わらず、会場から巻き起こった「五味コール」には矢地も「マジか?」と思ったそうで「ちょっと傷ついてます。このとき」と冗談めかしたが「負けるのかも」という思いがよぎってしまったことも告白した。

その後、五味は再度頭突きと思われる攻撃をしていたが、これについては「これはプレッシャーかけてるだけじゃないですか」と釈明。さらには「まあでも『頭突きも3つ目のパンチ』っていう人もいますからね」と持論を展開。この話を聞いた矢地は、さすがに「ちょっと、それダメでしょう!」と苦笑していた。

最終更新:2/12(月) 12:01
AbemaTIMES