ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

世界最大の空母ジェラルド・R・フォードを見学! 実際に乗ってみた

2/12(月) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ジェラルド・R・フォードは、アメリカ海軍の最新、最大の空母。つまり、世界最大の空母。

世界最大の空母ジェラルド・R・フォードを見学! 実際に乗ってみた【他の写真を見る】

就役は2017年7月、フォード級空母の1番艦で、ニミッツ級空母から技術的進歩を遂げている。

船体設計と兵器搭載能力を改善し、新しい兵器用エレベーター、より広いフライトデッキ、新型の電磁式カタパルト、従来の空母の3倍の発電能力など、様々な特徴を備えている。

我々はバージニア州ノーフォーク海軍基地に停泊中の巨大空母を見学する機会に恵まれた。乗り込んで詳しく見てみよう。
(※全ての写真は記事上部のリンクからご覧になれます)

ノーフォーク海軍基地に停泊中のジェラルド・R・フォード。高さ約134フィート(約41メートル)。

フォードは、3隻の空母(写真のジョージ・H・W・ブッシュ、トルーマン、リンカーン)と並んで停泊していた。

迎えてくれたのはコーリー・トッド・ジョーンズ広報官。撮影禁止のセキュリティチェックポイントを通って、エントランスへ向かった。

エントランスは巨大な格納庫につながっていた。

最新式の兵器エレベーター。フライトデッキにつながっている。

機密扱いのため、エレベーターの撮影は許されなかった。

格納庫にはジェラルド・R・フォード元大統領の像がある。この艦の名称は元大統領にちなんで付けられた。フォード元大統領は、第2次世界大戦中に空母モンテレーの航海士官を務めた。ジョーンズ広報官によると、仲間たちはひどい嵐の中でもフォード氏が守ってくれると信頼していた。

戦争中、大波によってフォード元大統領は船外にあやうく投げ出されそうになったが、足が排水溝に引っかかった。排水溝が彼を守ったと広報官。

フライトデッキに上がる。艦は幅256フィート(約78メートル)、長さ1092フィート(約333メートル)。

エンジンと機器を取り除いたF-18ホーネットの「ダミー機」以外に、フライトデッキに艦載機は見当たらなかった。ダミー機は甲板員がデッキ上での艦載機移動の訓練に使用していた。

エンジンは取り外されていた。

内部。

E-2Cホークアイが頭上を飛行。

空母には、空母航空団が配属される。空母航空団は通常、9つ程度の飛行隊と5種類の艦載機で構成される。空母航空団について詳しくは「異例の太平洋3隻展開、ニミッツ級空母は何を“運んで”いるのか?」で。

統合型カタパルト制御システム、または「バブル」と呼ばれる昇降式のコンパートメント。士官が甲板員からの「オールクリア」の合図で艦載機を発艦させる。

不発弾を投棄するためのボム・ジェティソン・ランプ(Bomb Jettison Ramps)、つまり緊急投棄用シュートがたくさんある。

シュートは1967年の空母フォレスタルでの火災事故の後、設けられるようになった。フォレスタルはトンキン湾に展開中、艦載機のF-4ファントムが電気系統のショートによりロケット弾を誤射、大火災を起こして100名以上が死亡した。

フライトデッキの両側のほとんどは、真下が海。非常に危険。

シースパロー艦対空ミサイル。

近接防空ミサイル(RAM:Rolling Airframe Missile)。

RAM。別の角度から。

近接防御火器システム(CIWS:Close In Weapon System)も装備しているが、カバーで覆われていた。

いよいよ艦橋へ。

フライトデッキ・コントロール。ここで担当士官が艦載機の配置を管理する。作業はコンピューターで行われているが、撮影は許可されなかった。以前は写真のボードを使っていた。今でもバックアップとして使っている。

トランプ大統領など著名人がフォードを訪問すると、彼らはドル紙幣にサインをしてボードに飾ることがよくある。ゲーム板に似ているからだ。

ブリッジ。ここで艦を操る。

機関は2基の原子炉。最大速力は時速30マイル(約48キロ)以上。

速度と舵をコントロールする操舵装置。すべてデジタル化されているが、バックアップとして下に操舵輪もある。

航海士官が海図テーブルの横に座る。デジタルだけに頼らないと報道官。

2分間の動画で、ブリッジと装置についてジョーンズ報道官が説明している。

ブリッジから空母トルーマンとリンカーンが見えた。素晴らしい。

ここで、数時間が経過し予定時間が終了。だが艦を降りる途中で、トイレを見せてもらった。フォードには男性用小便器がないという話は本当だった。

男性用小便器がない理由を詳しく知りたい方はこちら。

[原文: We toured the world's largest aircraft carrier, which can house 75 aircraft (but doesn't have urinals)]

(翻訳:Conyac/編集:増田隆幸)

最終更新:2/13(火) 12:31
BUSINESS INSIDER JAPAN