ここから本文です

【選手評価】バルサ均衡破れずもメッシと主将に最高評価

2/12(月) 16:49配信

SPORT.es

11日(日)に開催されたリーガのFCバルセロナ対ヘタフェCF戦は0-0のドローに終わった。エルネスト・バルベルデ監督率いるバルサは常に優位を保ったが、シュートは精度を欠き、試合後半には勢いを失った。

【ハイライト動画】バルサvs柴崎岳スタメンのヘタフェ

スタメンにおいては、先日アウェーのバレンシア戦(コパ準決勝)で短い出番を持ったコロンビア代表DFジェリー・ミナがカンプノウデビューを果たした。

ジェリー・ミナとペアを組んだのはリュカ・ディニュだった。またパコ・アルカセルが前衛に置かれたことがヘタフェ戦の目新しい点だった。結果、試合は0-0の同点に終了。今季バルサが同点を経験するのは4度目の事だが、ゴール無しで試合を終えるのは初めてだ。

■GK
テア・シュテーゲン(6点)
『ボールをコントロール』
カンプノウでの試合でよくあるパターンだが、テア・シュテーゲンは手よりも足で良くボールに触れていた。キーパーとしての出番はほぼ無かったが、後ろでボールをコントロールしながら仲間の選手たちを助けた。
■DF
セルジ・ロベルト(6点)
『攻撃』
自陣エリアよりも相手の陣地でプレーしている時間の方が長かった。しかし果敢な攻めにも拘わらずセンタリングは精度に欠けていた。また相手選手らに自由を奪われ、試合後半には他のバルサの選手らと同様に勢いを失った。

ジェリー・ミナ(6点)
『ポテンシャル』
この試合で最も注目された選手の一人だった。試合開始直後は少し不安定に思えたが、時間が経つにつれて安定を増した。コンスタントに手堅くプレーしていたが、その空中戦におけるポテンシャルの高さを垣間見せた。22分にはシュートを試みたが幸運には恵まれず、試合後半にも頭で決めようとしたがGKに阻まれた。試合90+3分時点にはホルヘ・モリーナへのハンドでイエローカードを受けた。

リュカ・ディニュ(6点)
『スピード』
フランス代表ディニュは左サイドバックとして加入以後初めてスタメン出場を果たし、結果、無難に役割をこなしていた。評価できるのはその速さとポジションの正確さだ。試合後半(58分)にはそのスピードを発揮し、アマス・エンディアイエからボールを奪った。

ジョルディ・アルバ(6点)
『ウイング』
右ウイングのセルジ・ロベルトと対を成し、ディフェンスより攻撃に集中したが、通常のようにメッシとシンクロできなかった。

■MF
イヴァン・ラキティッチ(6点)
『整然』
ミッドフィルダーを整然とし、チームに新鮮な空気を送り続けることに心血を注いだ。またライバルの反撃にも常に注意を払い、ディフェンスの選手らをサポートしていた。

ブスケツ(6点)
『影の薄さ』
試合全体を通じてヘタフェがプレッシャーをかけ続けたことで、ブスケツの影は薄くなり、いつものような冴えたプレーができなかった。53分にはアマス・エンディアイエへのファウルでイエローカードを受け、82分にパウリーニョと交代した。

コウチーニョ(6点)
『アクティブ』
試合前半はパッとしなかったものの、後半には調子を回復しエリア外からのシュートを放ったが、GKグアイタに阻まれた。その後またゴールにトライするもまた敵GKにクリアされた。試合62分にイニエスタに代わりピッチを去った。

■FW
レオ・メッシ(7点)
『準備OK』
この一戦で低調だったバルサの選手の中で最もインスピレーションあるプレーを捨ていたのがメッシだった。いくつかの優れた個人技を見せた。試合前半にはウロ・アランバッリへの背後からの足払いでイエローカードを受けている。

パコ・アルカセル(6点)
『努力』
ヘタフェの防御の堅固さのお陰でゴールのチャンスこそ得られなかったが、いつものように全力でプレーした。試合62分にデンベレと交代しベンチに下がった。

ルイス・スアレス(6点)
『頑固』
左サイドや中央からゴールを奪いに出たが、オフサイドに終わったり、ボールとうまくコネクトできなかった。アルカセルやメッシと同様、絶好のゴールのチャンスに恵まれなかった。40分に胸部にブルーノの肘鉄を受けたが、主審はこの反則を見逃した。45分にはゴールを決めるも、オフサイド判定で無効となった。また56分にはパコ・アルカセルのアシストからシュートするも、ポストをかすめて外れた。最後にアディショナルタイムで放ったヘディングもGKの手に阻まれた。

■途中交代
アンドレス・イニエスタ(7点)
『危険な選手』
試合62分にコウチーニョに代わりピッチに投入されたイニエスタは、その先を見越したプレーと才能でチームに新鮮な空気を与えた。

ウスマン・デンベレ(6点)
『鋭さ』
2度目の負傷から復帰を遂げたデンベレは、62分にパコ・アルカセルに代わピッチに入り、常に攻撃への糸口を探し続けていた。

パウリーニョ(評価なし)
『流れを変えられず』
試合82分にブスケツに代わりに投入されるも、攻撃に寄与するにはあまりにも与えられた時間が短すぎた。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2/12(月) 16:49
SPORT.es