ここから本文です

渡辺明棋王が先勝、189手の熱戦で永瀬拓矢七段下す/将棋・棋王戦五番勝負

2/12(月) 20:26配信

AbemaTIMES

 将棋の棋王戦五番勝負の第1局が2月12日、栃木県宇都宮市の宇都宮グランドホテルで行われ、渡辺明棋王(33)が永瀬拓矢七段(25)を189手で下し、先勝した。

 棋王のタイトルは渡辺棋王が2012年から5期連続防衛中。昨年の5期連続で、羽生善治竜王(47)に続き2人目の永世棋王の資格を取得していた。対局前日まで今年度の勝率0.778と全棋士中2位(1位は藤井聡太五段の0.828)と好調だった永瀬七段相手に、勝負どころでの強さを見せつけた。

 第2局は2月24日、金沢市の北國新聞会館で行われる。

最終更新:2/12(月) 20:26
AbemaTIMES