ここから本文です

米国NBCの妄言に続き、英国ザ・タイムズが「済州島は日本の島」

2/12(月) 13:21配信

ハンギョレ新聞

統一旗の済州島を独島に誤認 「日本の島に対する所有権を主張し、議論」  駐英大使館が抗議…訂正報道を要求

 米国の五輪ホスト放送局の「NBC」が日本の韓国支配を正当化するような発言をしたのに続き、英国日刊紙「ザ・タイムズ」が統一旗に描かれた済州島を「日本が所有した島」と説明し、物議をかもしている。

 「ザ・タイムズ」は10日付の国際面で、平昌冬季五輪開幕のニュースを伝え、南北選手団が共同入場する写真を載せた。だが、ザ・タイムズは済州島に丸印をつけた後、写真の説明で「選手たちが掲げた旗は不倶戴天の敵との間の統合を象徴してではなく、『日本が所有した島に対する所有権を主張するように見えたため』(because it appeared to lay claim to an island、owned by Japan)に論争的だ」と書いた。済州島を独島と誤認したうえ、独島を日本の領土だと前提したのだ。南北は「政治的議論があり得る」という国際オリンピック委員会(IOC)の勧告を受け入れ、今回の五輪で独島を除いた統一旗を掲げて入場した。とんでもない誤報を把握した駐英韓国大使館はザ・タイムズに公式抗議し、訂正報道を要求した。 一方、NBCは「日本が韓国を1910年から1945年まで占有したが、全ての韓国人は日本が文化・技術・経済的に非常に重要な手本だったと話すことになるだろう」と述べた平昌五輪開幕式での解説者の発言が不適切だったと謝罪した。 NBCは、平昌冬季五輪組織委員会を通じて「不適切な発言で大韓民国の国民の気持ちを逆なでしたという点を理解しおわび申し上げる」と明らかにした。組織委員会は「発言についてNBCに即刻抗議を伝えた。NBCは正式に謝罪の手紙を組織委に送り、7500万人が視聴する朝の生放送番組で謝罪した」と伝えた。

キム・テギュ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:2/12(月) 13:21
ハンギョレ新聞