ここから本文です

行定勲監督「岡崎京子の素晴らしさが、みなさんの心に残れば」

2/12(月) 19:00配信

Lmaga.jp

90年代のポップカルチャーを牽引した漫画家・岡崎京子の代表作を映画化した『リバーズ・エッジ』。その先行上映会が12日、大阪市内の映画館でおこなわれ、主演の二階堂ふみと吉沢亮、行定勲監督が登壇。舞台挨拶をおこなった。

【写真】ゲイの美少年役を演じた吉沢亮も登壇

メガホンをとった行定監督は、「僕ら世代の、伝説の漫画。あまりにも伝説すぎて、普通は映画化しないですよ。作る側としてはすごいプレッシャーですが、二階堂ふみというひとりの女優の熱意に動かされて、ここまで来ました」とコメント。

そして、「(映画の)設定は1994年なんですけど、(テーマは)永遠にみんなが持っている命題というか。見終わった後になにか残っていただければ、僕ら映画を作る人間としては、それが一番うれしい。そして、岡崎京子という漫画家の素晴らしさが、みなさんの心のなかに残ることを期待しております」と語った行定監督。映画は2月16日から公開される。

最終更新:2/12(月) 19:00
Lmaga.jp