ここから本文です

2016年の今日、変形キーボード搭載ノート「ポータブック」が発表されました:今日は何の日?

2/12(月) 7:30配信

Engadget 日本版

おもなできごと
・2001年2月12日、NASAの「NEAR Shoemaker」が小惑星エロスの着陸に成功
・2014年2月12日、オリンパスがドットサイト照準器搭載50倍ズームデジカメ「STYLUS SP-100EE」を発表
・2014年2月12日、ソニーが30倍ズームコンデジ「DSC-HX60V」を発表
・2016年2月12日、ファーウェイがSIMフリースマホ「GR5」を発売
・2016年2月12日、キングジムが変形キーボードPC「ポータブック」(XMC10)を発売2月12日は「ダーウィンの日」。進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの誕生(1809年)を祝う記念日です。ダーウィンは生物学者という印象が強かったのですが、ちょっと調べてみたら、地質学者を名乗っていたとのこと。意外でした。

過去のできごとで気になったのは、キングジムの「ポータブック」発売(2016年)。2つに分割されるキーボードを搭載することで、コンパクトなボディながら18㎜のキーピッチを実現した変態変形ノートです。画面は8インチと小さいもののWindows 10が動作。しっかりとキー入力できるため、Windows用のソフトが動くミニPCが欲しかった人には、まさに待望の製品といえるでしょう。ただし、液晶の視野角が狭い、CPUがAtomでメモリーが2GBしかない、このスペックで9万円前後と価格が高めなのが微妙な点でした。なお、価格に関しては11月頃に2万円前半という特価で販売されており、このとき購入した人も多かったのではないでしょうか。

もうひとつ気になったのは、オリンパスの「STYLUS SP-100EE」発表(2014年)。高倍率ズームは遠くのものを大きく写せる半面、被写体が動いてしまうと画面から外れてしまい、それを追いかけるのが難しいという問題があります。50倍であればなおさら。そこで搭載されたのが、ドットサイト照準器。こちらで中央に被写体をとらえれば、高倍率ズームを使ってもしっかりと撮影ができるようになります。ちなみにオリンパスは翌年、外付けのドットサイト照準器「EE-1」を発売しています。ミラーレス一眼にも取り付けられます。

去年の今日から気になる記事をピックアップ・ISSから観る青いジェット現象・約4500円の組み立てシンセ・「リガード風鳥脚歩行ロボット」:画像ピックアップ68


アーティストから宇宙まで、単独記事にならなかった話題を幅広く紹介した記事です。とくに気になったのが、39ドルからという組み立て式のシンセ「Macchiato」。見た目は付録のような印象もありますが、8つのノブと13の鍵、内蔵スピーカーを装備し、音色ライブラリーをダウンロードして追加できるなど、単独でもかなり楽しめそうです。電池で動くのもいいですね。Arduinoを使っているそうなので、改造用としても魅力的です。

今日は何の日?

最終更新:2/12(月) 7:30
Engadget 日本版