ここから本文です

石川・西野 紅白戦でそろって先発 千葉ロッテキャンプ

2/12(月) 23:11配信

北日本新聞

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズの春季キャンプで、石川歩(魚津市出身、滑川高・中部大出)、西野勇士(高岡市出身、新湊高出)両投手が新シーズンに向け、レベルアップを図っている。12日は沖縄県の石垣市中央運動公園野球場で紅白戦が行われた。2人はそれぞれ先発登板し「良い感じで投げられた」と手応えを口にした。

 石川は昨季、3勝11敗、防御率5・09に終わり「変化を求めたシーズンだったが、はまらなかった」と振り返る。12日の紅白戦では3回を1安打無失点に抑え「形になってきている」と語った。

 西野は昨季、クローザーから先発に転向したが、右肘の故障に泣かされた。「決断の悪さが(故障を)招いた」と反省。キャンプでは、好調だった時の感覚を取り戻すことをテーマにしており、「1軍で1年間やり切って結果を出したい」と意気込んだ。

 5月には富山市民球場で公式戦「千葉ロッテマリーンズ-オリックス・バファローズ」(千葉ロッテ、北日本新聞社主催)がある。石川は「そこで自信を持って投げられるようにしたい」、西野も「元気な姿を見せて盛り上がってくれれば」と力強く話した。

北日本新聞社

最終更新:2/12(月) 23:11
北日本新聞